亜鉛は糖代謝・成長・味覚に必須のミネラル

各種酵素・タンパク質生成の鍵を握る金属元素

桜井 弘 著 1998.09.30 発行
ISBN 4-89295-390-3 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


亜鉛は大切な微量元素「ミネラル」の一つ

亜鉛は糖代謝・成長・味覚に必須のミネラル

最近、新聞・雑誌の記事やテレビの番組で「ミネラル」という言葉がよくとりあげられています。例えば、「海水のミネラルにガン抑制作用」「糖尿病治療でも注目」あるいは「ミネラルは人体のコンダクター(指揮者)」などと、毎月のようにミネラルの大切さを訴える特集が紹介されています。

一体、このミネラルとは何なのでしょうか?

『広辞苑』によると、ミネラルとは――「1.鉱物。無機物。2.栄養素として生理作用に必要な微量元素の称。ふつう無機塩類の形で摂取される。カルシウム・鉄・亜鉛・コバルト・マンガンの類。」――と書かれています。ついでに、最近わが国でよく使われるようになったミネラルウォーターを見てみると、――「無機塩類を比較的多量に含んだ水。特に、飲料とするものをいう。」――となっています。これらからもおわかりのように、ミネラルとは無機物質のことを指しています。

この小冊子でとりあげる亜鉛は、そのミネラルの中の一つの物質、つまり「無機物質としての金属元素すなわち微量元素」とよばれる一群の物質の一つなのです。

ところで、亜鉛と聞いても、化学や理科の教科書で耳にするくらいで、あまりなじみのある物質ではありません。ある程度の年齢の方なら、鉄板の表面を亜鉛でメッキした金属“トタン”を連想されるかもしれません。それくらい身の回りでは縁の薄い物質なのですが、この亜鉛、実は意外に私たちの健康や病気と関係が深いのです。

亜鉛は、鉄についで豊富に私たちの全身に分布している金属元素です。最近の研究によると、亜鉛は不足、欠乏しやすく、そのため健康上さまざまな不都合が生じることがわかってきています。食べ物の味やにおいがわかりにくくなったり、記憶力が低下したり、あるいは皮膚炎が治りにくくなることなどが知られています。さらに興味深いことには、亜鉛はさまざまな生理作用を持っているばかりでなく、病気を治療するための「医薬品」としても開発され、積極的に使われているのです。

私たちの健康にとって、こんなに身近で重要であるにもかかわらず、亜鉛の大切さを紹介する記事や番組は極めて少ないようです。そこで、まだわが国では一般的にはよく知られていない亜鉛という金属元素に焦点をあてて、私たちの健康や病気との重要な関係について紹介することとしましょう。


その他の各種サプリメント関連書籍