関節を守る天然素材の酵母型「サミー」

変形性関節症の緩和に有効、肝臓障害・うつにも

矢澤 一良 著 2011.04.29 発行
ISBN 978-4-89295-812-0 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


うつ病の回復を助ける

関節を守る天然素材の酵母型「サミー」

効果のしくみ
うつに対するサミーの効果は、多方面から発揮されると考えられています。現在主流となっている考え方は以下に紹介するものです。
葉酸が欠乏する葉酸欠乏症は、脳の中のサミー濃度を下げることが動物実験で明らかにされています。そして、葉酸欠乏症の人は、うつ病にかかりやすく、髄液中のドーパミンとセロトニンの代謝物質濃度が低いことが知られています。
以上の事実から、葉酸欠乏症の人は、サミーの不足によってドーパミンやセロトニンの利用効率が減っていると予測されます。
ドーパミンとセロトニンは、どちらも脳の中で神経伝達に使われている物質です。ドーパミンは集中力ややる気、快楽を生みだす働きがあり、セロトニンは精神の安定に欠かせない役割をしています。
そのため、これらの神経伝達物質が不足すると、精神機能が低下したり、精神が不安定になったりします。うつの引き金にもなるのです。
サミーは、メチル基の供与体として脳の神経伝達物質の生成に関わっていることは前項で述べました。ドーパミン、セロトニンはその代表ですから、サミーの効果が有力視されているのです。
また、サミーのポリアミン合成促進効果や抗酸化作用も、うつの回復に有効に働くと考えられます。


その他の各種サプリメント関連書籍