関節を守る天然素材の酵母型「サミー」

変形性関節症の緩和に有効、肝臓障害・うつにも

矢澤 一良 著 2011.04.29 発行
ISBN 978-4-89295-812-0 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


満を持して登場した新成分「サミー」

関節を守る天然素材の酵母型「サミー」

「サミーがついに日本に上陸した」
研究者のあいだではそんな声がよく聞かれます。そのくらい待ちに待った成分が、日本の市場に登場したということです。

サミー(SAMe)は、正式名称を「Sアデノシル(L)メチオニン」といいます。サムイー(SAM-e)、サム(SAM)、あるいはアドメット(AdoMet)と表記されることもありますが、すべて同じ物質を指しています。本書ではサミーの呼び名で紹介していきます。

サミーという名を初めて耳にする方も多いでしょう。しかし、実はこの成分は、私たちにとって大変身近なものです。もともと全身の細胞に存在する物質だからです。体の中でサミーは、生命の根源を担う重要な働きをしています。

ですから、サミーを口から摂取すると、細胞レベルから健康の増進・回復に役立ちます。

ヨーロッパでは、化学合成されたサミー(サミー塩)が、すでに1970年代からうつ病および変形性関節症の治療薬として利用され、成果をあげてきました。また、アメリカでは90年代に機能性食品として販売され、現在もなお大ヒット商品となっています。

一方、日本では、アメリカのブームから遅れること十年、2008年に天然の生きた酵母の作りだすサミーをそのまま生かした「酵母型サミー(サミー規格含有酵母)」が機能性食品として市場に登場しました。冒頭に記した研究者たちの喜びの声は、こうした背景から生まれたものです。

ちなみに、日本でもサミーは医薬品成分として登録されています。しかし、それはあくまで化学合成されたサミーであり、酵母型サミーは食品に分類されています。

酵母型サミーを食品として気軽に摂取できることは、私たちにとって大きなメリットがあります。本文で述べるように、酵母型サミーは、化学合成されたサミーにくらべて、体内での利用効率が約3倍も高いことがわかっているからです。

サミーがもともと、私たちの体内で生命活動の根源的な役割を担っていることを考えると、その効果は無限大といえます。なかでも、いまとくに注目されているのが、関節、肝臓、脳に対する効果です。独立行政法人国立健康・栄養研究所が運営しているインターネットのサイト『「健康食品」の安全性・有効性情報』にも、サミーは、うつ、骨関節炎、肝障害などへの有効性を示唆する記載があります。

また、サミーは単独で健康効果を発揮するほか、特定の成分の働きを底上げするパワーを秘めているのも特徴です。

本書では、変形性関節症に対する効果を中心に、サミーの効果を紹介していくことにします。


その他の各種サプリメント関連書籍