天然の沈痛食品MSMで関節元気

変形性膝関節症、リウマチ、スポーツ障害に

本田 真樹 著  矢澤 一良 監修 2006.11.05 発行
ISBN 4-89295-618-X C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


関節対応サプリは高齢化社会の福音

天然の沈痛食品MSMで関節元気

MSMは時代のニーズ
急速に進む高齢化社会を反映して、変形性関節症にどう対応していくかが、社会的および個人的な問題としてクローズアップされるようになりました。
特に、過栄養と車社会による肥満・運動不足が深刻な現代では、変形性関節症(なかでも膝関節症)の患者さんの増大を招いています。男女比でみると、女性は男性の3倍も罹患率の高いことが知られています。
45歳位から患者数が増えてくる膝関節症は、死に直結する病ではありません。しかし、有終の老年期の生活を底なし沼のようにどこまでも落としていくという、極めてたちの悪い疾患です。
MSMは、従来の医薬品にみられたような副作用がない鎮痛・抗炎症効果が期待されています。一般的な食生活では十分量のMSMの摂取が困難な現状(42ページ)では、サプリメントの利用が望まれます。

一足早くアメリカで大人気
アメリカではすでに1990年代から、MSMを配合したサプリメントや外用のジェル、クリームなどが販売され、大人気商品となっています。
当初は、中高年やアスリート向けの「関節対応商品」としてのニーズが中心で、グルコサミンやコンドロイチン硫酸との併用が多くみられました。その後、MSM単独の商品も多く出回るようになりました。
さらに、花粉症などのアレルギー疾患の緩和や、爪・髪・肌の美容効果にも関心が広がっています。

日本市場でも注目
一方、日本でも、2001年に厚生労働省がMSMを食品と認めて以後、サプリメントとして一気に市場に出回るようになりました。
一般には、関節対応サプリとして、グルコサミンやコンドロイチン硫酸との併用タイプが大多数を占めています。
この場合には、知らず知らずのうちにMSMを摂取し、その効果を実感しているケースは意外に多いと考えられます。

確かな効果と安全性
MSMは、親物質のDMSOが海外で広く医薬品としての使用実績を有していることもあって、その有効性の裏づけは比較的よく行なわれています。
また、口から摂取した場合および外用で使った場合の安全性のデータも揃っていますので、安心して確かな効果が期待できるのが大きな特長です。
では、MSMを摂取することにより、具体的にどのような健康効果が得られるのか、さっそく紹介していくことにしましょう。


その他の各種サプリメント関連書籍