睡眠障害ストレスにミルクペプチド

からだと心と脳の不安を退け眠りを促す

矢澤 一良 著 2007.04.09 発行
ISBN 978-4-89295-621-8 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


からだと心と脳の3方向から健康な眠りへ導く

睡眠障害ストレスにミルクペプチド

眠りたいのに眠れない――そのつらさは実際に経験した人でないとわからないでしょう。

睡眠に満足している人からみれば「たかが不眠」。しかし、眠れない人にとっては「されど不眠」であり、医学的にも睡眠障害は深刻な現代病の1つとして問題視されています。最近は睡眠障害外来を設けている病院も少なくありません。

そもそも、人は眠らずに生きることは不可能です。健康な生活を営むうえで、眠りは、食事とともに必要不可欠なものです。

病気というと、どうしてもからだのトラブルばかりが注目されがちですが、健康は「からだ」と「脳」と「心」の3つの要素で支えられています。これらは密接に関連していて、どれか1つにほころびが生じると、結果的にすべてに悪影響がおよびます。

睡眠障害はその最たるものといえるでしょう。

眠れない直接の原因は脳のトラブルにあります。しかし、その引き金は肉体的ストレスであったり、心の病気であったりします。また逆に、眠れないことがからだや心の病気を誘発する場合もしばしばです。

ですから、脳によく効く薬だけを飲んでも、睡眠障害の根本的な治療にはつながりません。事実、睡眠を促す力の強い薬はたくさん開発されていますが、睡眠障害を訴える患者さんの数がいっこうに減らないのはそのよい証拠です。

睡眠障害のようなデリケートな病気を化学薬品で治すのはとても難しいことなのです。

健康な睡眠を回復するには、脳だけでなく、からだと心に生じている「ひずみ」も同時に解決することが望まれます。その実現に役立つのが、本書で紹介するミルクペプチドです。

ミルクペプチドは、文字どおりミルク由来の成分で、20年ほど前、赤ちゃんのすこやかな眠りの秘密を探るなかで発見されました。

食品成分でありながら、脳内では代表的な睡眠薬であるベンゾジアゼピン系の薬と同じ仕組みで同等の効果を発揮することがわかっています。しかも一方で、心身両面のストレス耐性を高めて、心の不安およびからだの疲労をやわらげる働きが期待できるのが、ミルクペプチドの特徴です。

さらにミルクペプチドは、睡眠薬によくみられるリバウンドや習慣性、常習性、鎮静作用、脱抑制といった副作用のないことが数多くの科学的研究で立証されています。これも特筆すべき点でしょう。

ストレスに満ちた現代社会において、ミルクペプチドの役割は非常に重要です。おそらく今後の研究で、睡眠障害だけでなく、ストレスに関連するより広範な諸症状に対して、その効果が明らかにされていくと思われます。

からだと脳と心の3方向から健康な眠りを導き出すミルクペプチドの働きが、睡眠障害に悩む人たちの大きな助けとなることを願う次第です。


その他の各種サプリメント関連書籍