ガン治療に「奇跡」をおこすメカブフコイダン

ワカメの芽株がガン・生活習慣病に克つ

清水 妙正 著 2002.12.16 発行
ISBN 4-89295-430-6 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


メカブフコイダンの特徴

ガン治療に「奇跡」をおこすメカブフコイダン

メカブはワカメの生殖器
ワカメにはミネラルやビタミンなど、いろいろな栄養素が含まれていますが、最近、特に注目を浴びているのがメカブの部分です。
メカブはワカメの胞子葉、つまり生殖器にあたるところで、ここから胞子が出て受精し、繁殖する仕組みになっています。
このメカブにはフコイダンとフコステロールが含まれています。メカブは触るとぬるぬるしていますが、そうしたヌメリ成分の一つがフコイダンです。

生のままでは吸収効率がよくない
フコイダンはワカメの葉の部分にはほとんど含まれていません。
したがって、体に摂り入れようとすれば、メカブに頼らざるを得ないわけですが、生のままでは吸収効率がよくないという難点があります。
というのも、生のメカブにはアルギン酸などの食物繊維も一緒に含まれているからです。
また、メカブにある有効成分のフコイダンとフコステロールですが、前者は水溶性、後者は非水溶性(水に溶けにくい)という反対の性質をもっています。
このため、両者を別個に抽出するには、これまでにない特異な方法を用いなければなりません。

高純度のメカブフコイダン
ここでは長くなるので、メカブフコイダンの抽出方法の詳細は割愛しますが、さまざまな工夫を重ねた結果、いまでは純度の高いものが得られるようになりました。
上段の表に示したのは、すでに製品化されている、あるフコイダンの分析値例です。
これを見ると、数字の合計が八十%を越えており、かなりの高純度であることがわかります。

過剰摂取を抑える
また、同じ製品の内容について分析したものが、次ページの「分析試験成績書」です。
体に不可欠な栄養素と共に、反対に体に悪影響を与えるとされるものも含まれていることがうかがえます。
たとえばヨウ素などですが、その含有量はコントロールされて、かなり低く抑えられています。
ヨウ素などの過剰摂取が体によくないのは当然ですが、不足すると甲状腺に障害を招くことにもなりかねません。
したがって、このような微量の数値になっているのでしょう。


※表省略


その他の各種サプリメント関連書籍