美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー

抗菌物質「MGO」でピロリ菌や虫歯菌に打ち勝つ

寺尾 啓二 著 2009.02.28 発行 ISBN 978-4-89295-631-7 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


ニキビやシミ、シワのない美肌に

美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー

ニキビの原因はアクネ菌
肌のトラブルのひとつに、ニキビがあります。ニキビは皮膚の炎症性疾患で、アクネ菌がその発症に関与しています。
このアクネ菌は皮膚に一番多く存在する常在細菌です。別名ニキビ菌などともいわれますが、ニキビの原因になるのは、いわば悪玉化したアクネ菌です。
皮膚の最も外側にあたる角質層からはがれた角質細胞が毛穴に詰まると、毛穴の中に皮脂がたまるようになります。すると、この皮脂をエサに増殖を開始した悪玉化アクネ菌が、多量のリパーゼ酵素(皮脂分解酵素)を分泌して皮脂を遊離脂肪酸に分解します。その結果、この遊離脂肪酸が炎症を引き起こし、ニキビを発生させるというわけです。
一方、善玉のアクネ菌は、病原菌の感染から肌を守ったり、肌のpHを弱酸性に保ったりなどと、肌の健康にとっていろいろと有益な働きをします。
したがって、善玉菌はそのまま残し、ニキビの発生を抑えたり、すでに発生したニキビの症状をいまより悪化させたりしないように、悪玉化アクネ菌だけを退治することが重要になってきます。

悪玉化アクネ菌の増殖を抑制
マヌカハニーに含まれる抗菌物質のMGOおよびミネラル成分は、悪玉化したアクネ菌に対し強い抗菌力を発揮することが知られています。そのため、マヌカハニーを塗布すれば悪玉菌の増殖が抑制され、善玉菌優位となり、ニキビの発生しにくい、また発生したニキビが改善に向かいやすい肌の状態へと変わっていきます。
さらに、マヌカハニーには、毛穴から不純物を除去するクレンジング作用もあります。毛穴にたまった皮脂を取り除いてくれるので、悪玉化アクネ菌の増殖の抑制に役立ちます。

これらのほかにも、

★弱酸性のため、善玉アクネ菌の働きを助けて病原菌の繁殖を防ぐ。
★糖質の含有量が高いため、病原菌が増殖するのに必要なだけの水分がない。
★タンパク質の含有量が低いため、病原菌に、その増殖に必要な窒素を与えない。

などの理由から、悪玉化アクネ菌の増殖抑制効果が期待できます。

活性酸素がもたらすシミ、シワ
太陽光線中の紫外線が皮膚の中に発生させる活性酸素は、シミやシワ、たるみなどの大きな原因となります。
人体は、有害な活性酸素の発生を抑えようと紫外線から肌を保護するために、黒褐色のメラニン色素をつくり出します。これが日焼けですが、通常は時間の経過とともに消失し、元の状態に戻ります。
しかし、肌の新陳代謝が衰えてくると、分解されずに消えない、一部のメラニン色素が、シミとして残ってしまうのです。
肌にハリや弾力を与えるのは、コラーゲンやエラスチンといった線維状のタンパク質です。これらの物質が形づくる網状の構造体がハリや弾力を生み出し、その周辺を満たす大量の水分が潤いのあるみずみずしい肌にします。
しかし、活性酸素の攻撃でこの構造体が崩れると、ハリや弾力を保てなくなり、また水分量も減るために、
シワやたるみの目立つ乾燥肌へと変わってしまうのです。

シミやシワ対策に有効
マヌカハニーには保湿効果があるので、カサカサ肌をしっとりとした潤いのある肌へと改善するのに役立ちます。さらに、栄養補給効果により肌の新陳代謝を活発にするので、シミをできにくくし、かつコラーゲンやエラスチンの産生を高めて肌を修復し、ハリや弾力を甦らせます。
また、抗酸化作用により活性酸素を消去するため、メラニン色素の生成が抑制されるので、シミの生成も抑制されます。同時に、コラーゲンやエラスチンに対する攻撃も減らすので、弾力を保ちやすくなります。


その他の各種サプリメント関連書籍