マイタケD-フラクションでガン細胞に勝つ

免疫を活性化しガン細胞を自滅させる驚くべき効果

清水 妙正 著 2001.01.18 発行
ISBN 4-89295-414-4 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


身をもって知ったマイタケエキスの奇跡

マイタケD-フラクションでガン細胞に勝つ

医者の不養生とはよく言ったものです。私も患者さんには、あれこれと些事にわたって指示をしながら、わが身に関しては、いささかも顧みることをしませんでした。そのツケが四年前に突然やってきたのです。ガンの宣告です。

ガン細胞は十二指腸から、周辺にも転移していました。それまで何百、何千人もの患者さんに治療を施してきた私ですが、過去の症例の中でも、最悪の部類に入るだろうと、我ながら観念したものです。手術も無理、化学療法も無駄となると、後は神仏に祈るだけ……。まさにそういう心境でした。そうしている間にも、ひしひしと忍び寄ってくる死の恐怖。いたたまれなくなった私は、ガンに効くと言われるものは、それこそ片っ端から試したものです。その中で、これぞというものに巡り会えたのは、本当に幸運以外の何ものでもありませんでした。それが、本書でご紹介するD―フラクションなのです。

D―フラクションは、マイタケ(舞茸)から取れる天然の抽出物なのですが、これと一緒に何種類かのサプリメントを服用し続けたところ、数ヵ月後にはガン細胞が一つ残らず消滅し、十ヵ月後には、なんと完治してしまったのです。その間の細かい経緯については本文に譲るとして、以来、私は自分の病院の患者さんにも、このD―フラクションを勧めるようになりました。そこでもまた、目を見張るようなシーンを数々、目の当りにしてきたのです。

D―フラクションの研究に関しては、現在、アメリカ政府が本腰を入れて取り組んでいます。ガンだけではなくエイズ、さらには糖尿病や心臓病など、生活習慣病への応用も模索されています。

難病の続発するであろう二十一世紀へ向けての、いわば特効薬としてスポットライトを浴びているD―フラクションですが、マイタケのお国元である日本では、まだまだ知られていないのが実情です。

本書が、この二十一世紀を担うべき特効薬、D―フラクションを知る上で、一つの道しるべとなれば幸いです。



その他の各種サプリメント関連書籍