メタボ、がん、加齢に克つラクトフェリン

母乳に豊富な成分が全身の若返りに役立つ

原田 悦守 著 安藤 邦雄 監修 2007.11.29 発行
ISBN 978-4-89295-624-9 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


「ゆりかごから墓場まで」サポートする

メタボ、がん、加齢に克つラクトフェリン

社会の高齢化が急速に進む中で、これまで病気の予防・治療を目的としてきた医学も、老化に取り組むことが大きな課題になってきました。抗加齢医学(アンチエイジング)と呼ばれるものです。

老化の進行には、活性酸素による「酸化ストレス」が深く関わっています。人は酸素を吸って生きていますが、それによる酸化作用で心身は少しずつ蝕まれ、やがて病気になり、人は死ぬプログラムになっているのです。

酸化ストレスは、鉄をはじめとする重金属が体内に過剰に蓄積することにより引き起こされるといわれています。そうした重金属イオンと強固に結びつき、酸化ストレスの抑制に働くのが、本書でこれから紹介するラクトフェリンです。

ラクトフェリンはたんぱく質の一種で、哺乳動物の乳に豊富に含まれています。

哺乳動物は2億年以上にわたり、乳を介して生命をリレーしてきました。気の遠くなるような歳月を哺乳動物が途中で絶滅することなく、今日まで生き延びてきた背景には、乳に含まれるラクトフェリンの力が大きく寄与してきた可能性は十分に考えられます。

本文を読んでいただくとわかるように、ラクトフェリンの効果をはじつに多岐にわたります。赤ちゃんの発育から、中年期のメタボリック対策、そして老後のアンチエイジングまで、まさに「ゆりかごから墓場まで」サポートしてくれます。

何にでも効くというのは、何にも効かないと同じ、とよくいわれますが、ラクトフェリンに関しては、その冗句は当てはまりません。なぜなら、ラクトフェリンの効果の大半は、科学的な側面からしっかり裏づけがなされているからです。

ラクトフェリンの研究は、世界の大学および研究施設で盛んに行われています。すでにその論文数は、国際的な専門誌に掲載されているだけでも5000報を越え、各年で開催される国際ラクトフェリン学会には、毎回150〜200人の研究者が各国から参集します。

今年(2007年)はフランスのニースで、第8回大会が開かれました。

もちろん、ラクトフェリンの力をもってしても、酸化ストレスを完全に抑えることはできません。酸化ストレスで少しずつ老いていくことは、生物の宿命ですが、ラクトフェリンの効果でそのスピードをゆるやかにし、病気の発生を寿命の先までもっていくことができれば、「健康寿命」の延長につながります。

ただ単に長生きするのではなく、最後の日まで、元気はつらつと過ごすために、ラクトフェリンは必ずや強い味方となるでしょう。



その他の各種サプリメント関連書籍