肺がん、がん免疫療法にラクトフェリン

各種がん患者のQOL(生活の質)向上に役立つ

安藤 邦雄 著 2009.12.16 発行
ISBN 978-4-89295-805-2 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


がんとの闘いを有利にする

肺がん、がん免疫療法にラクトフェリン

「(医師は)自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない」

これは古代ギリシャで、新しく医師になる者に宣誓させたといわれる“ヒポクラテスの誓い”の一文です。医師としての倫理的規範を説いたものですが、現在のがん治療の現場ではこの誓いがないがしろにされているような気がしてなりません。

いま医療現場で行なわれているがんの三大療法――外科手術、放射線療法、化学療法――はどれも、患者さんに苦痛を与えてQOL(クォリティ・オブ・ライフ=生活の質)を下げ、自然治癒力を奪ってしまうものばかりだからです。“もろ刃の剣”と知りつつも、より強力な抗がん剤を開発し、患者さんの心身を傷めつけるという乱暴な治療法がまかりとおっています。

しかも、欧州で行なわれた比較研究によると、1995〜2000年の間に欧州で承認された12種類の新規の抗がん剤はすべて、延命効果、QOL、安全性の三点について、従来の薬よりすぐれている面はないと報告されています。

わが国における死亡原因の第1位はがんであり、まもなく3人に1人ががんで死亡する時代がくるといわれています。

したがって、「がんの発生・転移・再発に関する予防法」と「外科手術、放射線療法、化学療法を受けるがんの患者さんの生活の質(QOL)を高く維持する対策」の確立は、医療上、最も重要な課題の1つとなっています。

ところが、現実は前記したような状況であり、緩和ケアの施設に入所できる末期がんの患者さんもごく少数に限られ、大部分は「がん難民」として医療から見放されているのが実状です。

このような動きの中で、“がんじがらめ”で身動きのできなくなったがんとの闘いから解放してくれる素材として、私たちが注目したのがラクトフェリンです。

ラクトフェリンは、がん対策の素材として、従来のものとはまったく異質のものといえます。ラクトフェリン自体に副作用がないのはもちろんのこと、放射線療法や化学療法の副作用をやわらげる効果も期待できます。
さらに、外科手術の回復を助けたり、がんの疼痛や精神的ストレスに対しても有効に働くことから、患者さんのQOLの向上にも役立ちます。

ラクトフェリンの効果の全容は、同文庫シリーズの拙著『メタボ、がん、加齢に克つ ラクトフェリン』で紹介しました。今回はとくに「がん」にターゲットを絞ってお話ししたいと思います。

今後、ラクトフェリンのような患者さんに優しい素材が、医療現場においてがん対策の主流となっていくことを願うばかりです。



その他の各種サプリメント関連書籍