免疫バランスを正常に保つ“免疫乳酸菌”

がん予防、生活習慣病の改善で“健康寿命”を延ばす

矢澤 一良 著 2002.01.08 発行
ISBN 4-89295-423-3 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


いま注目の二つの免疫乳酸菌

免疫バランスを正常に保つ“免疫乳酸菌”

乳酸菌の種類で効果に差がある
ところで、免疫乳酸菌とひと口にいっても、生きている乳酸菌と同じ数だけ、さまざまな種類のものが存在します。
それらすべてに同等の効果が期待できるわけではなく、乳酸菌の種類によって効果にかなり差があります。
下の表を見てください。
これはコンビ・バイオ研究所が、代表的な免疫乳酸菌の、TNF(腫瘍壊死因子)の産生を促す力を調べたものです。 TNFは、マクロファージが生み出す物質(サイトカイン)の一つで、異物を排除する武器であると同時に、別の白血球に情報を伝える役目も果たします。
したがって、このTNFの産生量が多いほど、マクロファージの活性が高い、ひいては免疫系全体の活性が高まっていることを示します。
表を見ると、フェカリス菌の死菌(以下フェカリス免疫乳酸菌)と、ラクティス菌の死菌(以下ラクティス免疫乳酸菌)が、圧倒的な大差で、TNF産生を強力に促すことが分かるでしょう。
これらの免疫乳酸菌のTNF産生を促す力は、医薬品の免疫賦活剤「ピシバニール」とくらべても遜色ないものです。


フェカリス免疫乳酸菌EF-2001を1とした
場合の各種乳酸菌のTNF-αの誘導活性

菌種相対活性
ラクティス菌0.97
カゼイ菌0.26
ブルガリア菌0.43
サーモフィルス菌0.09
グルベ菌0.04
ロングム菌<0.03
フェカリス菌
EF=2001
1.00


TNF-αの各細胞への作用

フェカリス免疫乳酸菌とは
では、このすばらしい効果を秘めた二つの免疫乳酸菌のプロフィールを簡単に紹介しましょう。
まずフェカリス菌は、正式名を「エンテロコッカス・フェカリス菌」といいます。私たちの腸のなかにも住んでいる、腸球菌の一種です。
からだのなかでは、特にパイエル板が点在する小腸に多く存在し、医薬品の免疫賦活剤ピシバニール(OK―432)とよく似た細菌であるため、以前からBRMの素材として注目されてきました。 そして最近の研究で、そのフェカリス菌を加熱殺菌したフェカリス免疫乳酸菌には、次のようなBRM効果のあることが明らかにされたのです。
@TNFの産生を促す
Aマクロファージを増やす、活性化するB好中球を増やす、活性化する
CT細胞を活性化する
DNK細胞を活性化する
E骨髄(リンパ球を作る工場)機能の改 善

ラクティス免疫乳酸菌とは
一方、ラクティス菌の正式名は「ラクトコッカス・ラクティス菌」で、こちらは、乳酸球菌の一種です。
昔から乳製品の製造に使われ、現在も発酵乳やチーズなどのスターターとしてよく利用されています。
このラクティス菌を加熱殺菌したラクティス免疫乳酸菌にも、前記したフェカリス菌とほぼ同じようなBRM効果が報告されています。

「球菌」であるメリット
免疫乳酸菌のなかでも、フェカリス免疫乳酸菌とラクティス免疫乳酸菌の効果が秀でているのは、どちらも「球菌」であることが一つの理由と考えられます。 球菌は、文字どおり、まるい形をしていて、棒状の桿菌(ビフィズス菌、カゼイ菌など)とくらべると、五分の一くらいの大きさしかありません。そのため、食事でとった球菌は、消化管を通過するとき、小腸のパイエル板に取り込まれやすいと推測されるのです。
また、小さい球菌のほうが、一度に多量にとりやすい利点もあります。

安全で食べて効く理想のBRM
いずれにしても、免疫乳酸菌は、副作用のような弊害がいっさい報告されていないのも注目すべきところです。
医薬品に匹敵する効果を持ちながら、からだに負担をかけない免疫乳酸菌は、まさにBRMの素材にうってつけです。 しかも「食べて効く」ところが、従来のBRMと大きく異なる点です。
それではさっそく、免疫乳酸菌の実力を紹介することにしましょう。


その他の各種サプリメント関連書籍