マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物

免疫力を高めて生活習慣病に打ち勝つ天然の素材

杣 源一郎 著 2008.10.25 発行
ISBN 978-4-89295-627-0 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


粘膜中のマクロファージに働く

マクロファージ活性化に小麦発酵抽出物

体内に吸収されるのか
小麦発酵抽出物は、キノコや乳酸菌などに含まれる免疫賦活物質(βグルカン)よりも、分子量が小さいのが特徴です。
ただし、小麦発酵抽出物を口から摂取した場合、果たして体内にどこまで吸収されるのかについてはまだよくわかっていません。
私はむしろ、糖脂質は体内に入って効果を発揮するのではなく、消化管の粘膜に存在するマクロファージに作用しているのではないかと考えています。

小麦発酵抽出物は消化管で効く?
口から腸へつながる消化管は、外部から侵入してくる病原菌の巣窟です。したがって、消化管の粘膜細胞には、病原菌の侵入を阻止するためのマクロファージがたくさん待機しています。
おそらく、小麦発酵抽出物は、ここにいるマクロファージを活性化し、結果的に全身のマクロファージおよびその他の免疫細胞をプライミング状態に誘導するのではないか、と私は推測しているのです。
例えば、次のような実験を試みました。
健康な人に、小麦発酵抽出物を30分くらい口の中に含んでもらったのち、飲み込まずに吐き出してもらいます。そして、小麦発酵抽出物を摂取した場合と効果をくらべてみたところ、口に含んだだけでも、摂取したときと同様の効果が得られることが確認できたのです。

※図省略


その他の各種サプリメント関連書籍