驚異の酵素パワー

ガン・内臓病・美容まで幅広い効用

藤本 大三郎 著 1994.05.28 改訂版 2006.03.15 発行
ISBN 4-89295-610-4 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


うるおいある肌は酵素がいっぱい

驚異の酵素パワー

日焼けの原因はメラニン色素
南風と輝く夏の日差しは、女性にとって肌をアピールする絶好のスチュエーションであると同時に、シミやソバカスをつくる大敵でもあります。
肌に強い日光、すなわち紫外線にあたると、皮膚のメラニン細胞が活性化されます。そのため、「チロシラーゼ」という酵素が活発に働き、メラニン色素を過剰に生産します。
それじゃ、チロシラーゼがあるかぎり日焼け防止は無理かと思ったら、それは違います。
ここで逆転の発想が必要です。つまり、チロシラーゼの正体がはっきりとわかっているからには、チロシラーゼに直接働く物質を与えてやり、メラニン色素生成の活性化を妨害すればいいのです。
市販されている美白化粧品は、この原理を用いています。これもチロシラーゼの性質を、逆手に利用した知恵といえます。

酵素で保水性に富んだ化粧品
人間の体内に最も多くある繊維質のたんぱく質は、コラーゲンと呼ばれています。コラーゲンの繊維は保水性に富んでいるため、よく化粧品に配合されていますが、ここでも酵素が欠かせません。
コラーゲンは、ペプシンという酵素によって溶解される性質をもっています。ペプシンを使って、水に溶けるコラーゲンをつくることで、初めて化粧品などへの応用が可能になるのです。まさに酵素は、化粧品の「影の主役」ですね。
このほかにも、たんぱく質を分解する酵素「プロテアーゼ」や、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」などは、肌表面の汚れ(たんぱく質や脂質を主成分とする老廃物)を落とす強力な力があります。これらの酵素を配合することで、優れた洗浄力をもつ洗顔料もたくさんつくられています。
プロテアーゼの驚くべき洗浄力は、「入れ歯」の洗浄剤にも使われているようです。

入浴にも酵素のパワー
一日の疲れを癒すには入浴が一番。最近では入浴剤を入れて、温泉気分など入浴効果を高める家庭がふえました。これら入浴剤の多くにも酵素が活躍します。
パパインなどに代表されるたんぱく質分解酵素プロテアーゼは、皮膚の汚れを取り、潤いをもたらすとともに、おできやあせもの解消などにも効果があります。

「アレルギー」にも効果あり?
現代病ともいうべきアレルギー性疾患。子供のころからずっと悩まされるケースもあれば、大人になって突然かかるケースもあります。
原因はハウスダスト(ダニやほこり)、食べ物、花粉などさまざまで、原因物質はアレルゲンとよばれています。
食べ物では牛乳や卵がアレルゲンとなるケースが多いのですが、お米に含まれるある種のタンパク質がアレルゲンになることもあります。そこで、プロテアーゼ処理でアレルゲンを取り除いた「低アレルゲン米」がつくられています。



その他の各種サプリメント関連書籍