驚異の酵素パワー

ガン・内臓病・美容まで幅広い効用

藤本 大三郎 著 1994.05.28 改訂版 2006.03.15 発行
ISBN 4-89295-610-4 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


酵素は栄養と健康を結ぶ“仲人”

驚異の酵素パワー

「酵素」という言葉を聞いたとき、洗剤や歯みがき粉を思い浮かべる人はきっと多いことでしょう。洗濯物のガンコな汚れも酵素を加えた洗剤だときれいに落ちるといわれ、また、酵素入りの歯みがき粉は歯垢を分解する、と宣伝されました。ほかにも、化粧品や薬品など、われわれの暮らしをちょっと見回しただけでも「酵素入り」の製品は数多くあります。

酵素というとなにか無機質的なイメージがありますが、実は、われわれ生物の体の中でも大活躍しているのです。食べ物の消化を助けたり、分子のやり取りをしたりして細胞の分解・合成を促すなど、さまざまな化学反応に介在しています。生物は(人はもちろん)酵素なしでは生きていられない、と申して差し支えありません。生物にとって、酵素はなくてはならない「物質」なのです。

ところで、酵素の存在が化学的に証明されてから二〇〇年あまり経ちます。そして人体の中だけでも数千種もの酵素がわかっていて、それぞれが特有の反応を延々と繰り返しています。また、酵素は人間だけでなく、哺乳類から昆虫・微生物、野菜や果物などの植物まで、高等下等を問わず、あらゆる生命体の中に存在して(作られて)おり、生命活動の重要な役割を司っています。

しかしながら、酵素と洗剤とは結びつけられても、酵素とわれわれの健康との因果関係をはっきりイメージすることはむずかしいでしょう。化学的に言ってしまえば、酵素とは『生物体内でおこる種々の化学反応の“触媒作用”をする、たんぱく質からできている物質』ということ……、だから、酵素が順調に働けば体内のさまざまな反応が迅速に行なわれ、新陳代謝が活発化されます。栄養不良など食生活の乱れている人では「酵素パワー」がうまく発揮できていません。

この小冊子では、酵素をだれにでも分かりやすく解説したいと思い、専門的な学術用語はなるだけ少なくしています。それでも多少わかりづらいところもあるでしょう。そのときは細部にこだわらずに全体を読みすすめていただければと思います。

酵素とは一体ナニモノなのか、健康とどのようなつながりがあるのか、本書を読むことで酵素の理解に役立ち、またひいては読者の健康維持に少しでも役立てていただければと願っています。


その他の各種サプリメント関連書籍