最強免疫賦活食品「D−12」の秘密

免疫枯渇の防止とリンパ球調整でガンに勝つ

宇野 克明 著 2001.10.20 発行
ISBN 4-89295-421-7 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


最強の抗酸化作用を発揮

最強免疫賦活食品「D−12」の秘密

「酸化」を促す活性酸素
次に、D-12の抗酸化作用についてみてみましょう。
活性酸素――、酸素とつくからには体にいいのかと思ったら、正反対。活性酸素は反応性の高い酸素で、他の物質とくっついては相手を“変性”つまり「酸化」させてしまいます。
たとえば、天ぷら油などを空気中に放置しておくと悪臭が漂うのは、酸素が脂肪酸を酸化させ、「過酸化脂質」を生成するからですが、同じようなことが体内でも起こっています。
生体の脂質を酸化させ、過酸化脂質を生成する犯人は「活性酸素」です。その酸化力は、酸素と比べものにならないほど強力。過酸化脂質は有害物質で、正常な細胞を傷つけたり、細胞の働きを弱めて、血流障害や動脈硬化、ひいてはガン、糖尿病などの原因となります。

酸化から体を守る抗酸化作用
活性酸素と戦ったり、生体にとって障害となる酸化反応を防ぐ作用が「抗酸化作用」です。
この抗酸化作用をもった物質のことを「抗酸化物質」といい、ビタミンCやE、カロチンなどがよく知られています。一大ブームとなった赤ワインのポリフェノールもその一つです。
また、私たちの体の中にも、活性酸素や過酸化脂質を捕らえて「還元」するSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)などの酵素が備わっています。最近よく聞く「SOD様食品」は、酵素SODと同じような働きをする栄養成分を含んだ食品のことです。

体内に活性酸素を残さないD-12
D-12も抗酸化食品の一つですが、その抗酸化作用は非常に強いものです。それは“最強”と言ってよいかもしれません。なぜ最強なのか――。抗酸化が強いことで知られているビタミンCを例にあげて説明しましょう。
「酸化」とは、物質が酸素と化合することです。ある物質が、他の物質の酸素を奪い化合するというのは、他の物質から見れば、酸素が奪われることです。これが「還元」です。このように物質界や体内では、たえず「酸化・還元反応」が行なわれています。
ビタミンC(アスコルビン酸)が酸化物を還元させると、ビタミンC自身が酸化されます。酸化されたビタミンCは「ハイドロキシアスコルビン酸」というものになります。
酸化物が還元されて抗酸化されましたが、その代わりビタミンCが「酸化物」になってしまいました。これで終わってしまっては、酸化が“移動”しただけで、酸化が“解消”されるわけではありません。
実は今までの抗酸化物は、たいていこの段階までの抗酸化しかできなかったわけです。ところが、D-12は、酸化物を最終的に「二酸化炭素と水」に変えて出してしまう作用を持っているのです。
つまり、活性酸素をすべて消し、体内に活性酸素を残さない。これがD-12の究極の抗酸化作用です。


その他の各種サプリメント関連書籍