最強免疫賦活食品「D−12」の秘密

免疫枯渇の防止とリンパ球調整でガンに勝つ

宇野 克明 著 2001.10.20 発行
ISBN 4-89295-421-7 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


キノコ食品によるガン免疫治療の重大な欠点を解決した「D-12」含有食品

最強免疫賦活食品「D−12」の秘密

ガン(悪性腫瘍)に対しては現在、主として外科手術、抗ガン剤投与、放射線の照射による治療、これら“三大療法”のみにたよっていますが、いまだにガンは克服できていません。では、ガンを克服するにはどうしたらいいのでしょうか。

ガンをつきつめていくと、「免疫」というキーワードにぶつかります。

ガン細胞はたしかに遺伝子の異常によって生じますが、たとえガン細胞が発生しても、「免疫力」が維持されているかぎり、いわゆるガン(腫瘍)にまではなりません。生体の免疫システムが、発病に至る前にガン細胞を“排除”してくれるからです。

反対に、免疫システムに異常が起こったり、機能が弱いとガン細胞を排除することができず、ガン細胞は増殖を繰り返し、ガン発病という事態にまで進展します。

この点からみると、遺伝子の異常によって発生したガン細胞は、「免疫力の低下」によってガン疾患へと進んでいく“免疫病”だという見方もできます。

私は、「ガン=免疫病」という観点から、ガン治療法の確立に心血を注ぎ、必須の専門検査「ガン免疫ドック」システムを開発しました。その結果、ガン患者さんになかば常識化した「キノコ系免疫食品」だけでは、ガンを治しきらない重大な欠点(免疫枯渇現象)を発見したのです。

本書で紹介する「D-12」は、免疫賦活性のハーブ系有効成分です。

「D-12」含有食品は、ハーブ系植物抽出物(多糖類)とアミノ酸を主成分とし、良好なリンパ球調整作用を有します。これによって、従来のキノコ系免疫食品では避けられない、重大な治療上の欠点を解決しました。また、体内に活性酸素を残さず、どんなSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様食品よりもすぐれた抗酸化作用は、従来なしえなかったリンパ球内部の抗酸化作用をも発揮できるのです。

この他、ガンにとどまらず、強力な抗酸化作用による過酸化脂質の排除が、脳卒中・心臓病といった動脈硬化性疾患の改善に役立ち、解毒・代謝改善作用は、肝臓病、糖尿病ほか多くの慢性疾患を改善せしめます。

私は、D-12がガン免疫治療の重大な欠点を解決するうえで絶対必須の、きわめて重要な免疫賦活・調整食品だと確信しています。
この小冊子を通じて、ガンという病気の概念や、キノコ系食品を用いた免疫治療の欠点を十分に理解し、より効果的なガン医療の実践に役立てていただければ幸いです。


その他の各種サプリメント関連書籍