カニ・エビの「殻」キチン・キトサンが効く

副作用ナシの免疫賦活効果で成人病予防

佐藤 秀昭 著 1993.05.28 発行
ISBN 4-89295-321-0 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


注目されるガンの抑制効果

カニ・エビの「殻」キチン・キトサンが効く

ガン細胞の増殖が止まった!
ガンは成人病のうちで、死亡原因のトップを占める恐ろしい病気。
毎年、二十二万人以上もの人がガンで亡くなっており、ガン制圧は国民的な課題となっています。
ガンに対する特効薬はまだ見付かっていませんが、最近、「キチン・キトサン」からガンに対する抑制効果が確認されて注目を集めています。
東北薬科大学の鈴木茂生教授は、マウスを使って「キチン・キトサン」の免疫賦活(免疫の働きを高める)効果の研究をされました。
それによると、キトサンの抽出物(キトサン・オリゴ糖)を、実験用マウスの体重一キログラム当たり0.1ミリグラムという極微量を投与するだけで、ガン細胞の増殖が抑えられました。

日本癌学会で報告
私たちの体の中には、ガン細胞と闘う免疫系というものがありますが、さらに鈴木教授は、ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞(大型リンパ球の一部)を活性化すると、ガンが抑制されるのではないかと考えて、免疫力を活性化させる実験をされました。
マウスにガン細胞を移植して、それに「キチン・キトサン」を投与した結果、九〇%以上のガン細胞の増殖を抑制する効果がありました。
この結果は、日本癌学会で報告されました。
このように「キチン・キトサン」はガンに対しても、強い抑制効果をもっていることがわかります。これらの免疫力賦活作用は人間にも期待されるかもしれません。



その他の各種サプリメント関連書籍