体脂肪を減らし、肥満・成人病を防ぐCLA(共役リノール酸)

無理なく健康的にやせる話題の健康食品

矢澤 一良 著 1998.12.25 発行
ISBN 4-89295-393-8 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


なぜCLAの摂取で体脂肪が減るのか

体脂肪を減らし、肥満・成人病を防ぐCLA(共役リノール酸)

体脂肪を減らす三つの作用
CLAの摂取で体脂肪が減るしくみを探ってみましょう。
からだの中の余分な脂肪は、脂肪細胞に貯えられています。しかし、脂肪細胞中の脂肪は、ずっとそのまま居座るわけではなく、絶えず出入りしています。
CLAには、こうした脂肪の出入りを調節する働きがあるのです。具体的には次の三つの働きで、CLAは体脂肪をすみやかに減らしていきます。

@血液中の脂肪が脂肪細胞に取り込まれるのを抑える
A脂肪細胞の中から脂肪が出ていくのを促す
B血液中の栄養分(脂肪・たんぱく質・糖質)を筋肉細胞にどんどん送り込み、そこでエネルギーとして利用されるのを助ける

体重は変わらなくてもスリムに変身
ちなみに、CLAの摂取で体脂肪が大幅に減っても、体重に変化がみられない場合が少なくありません。
これは、CLAが体脂肪を減らす一方で、筋肉の増強を促すためです。前記のBの働きが、筋肉細胞に栄養分をたっぷり送り込み、それを効率よく燃焼させて筋肉細胞の成長を促すのです。
しかし、体重に変化はなくても、健康面で最良なのはもちろん、見た目も明らかに引き締まってスリムなボディラインが作られます。
ですから、CLAは、肥満解消や成人病対策のためだけでなく、筋肉を増強したい人にもぜひおすすめです。実際に、アメリカでは、エアロビクスやフィットネス、ボディビルなどスポーツクラブ愛好家のあいだでCLAが大きな人気を呼んでいます。



その他の各種サプリメント関連書籍