カニ殻栄養補助食品キチン・キトサンの威力

自然治癒力を高め、病気に打ち勝つ

松永 亮 著 1999.12.20 発行
ISBN 4-89295-402-0 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


ガンとの闘いを有利にする

カニ殻栄養補助食品キチン・キトサンの威力

ガンの特効薬が開発されない理由
ここ二十年来、日本人の死亡原因のトップを独走しているのが、ガンです。現在、日本では年間約二八万人もの人が何らかのガンで生命を落としています。
ガンの特効薬がなかなか開発されないのはなぜでしょう。
実は、ガン細胞を一気に叩きつぶす強力な抗ガン剤ならいくらでもあります。
しかし、ガン細胞を攻撃する力が強いものほど、副作用が強いというジレンマが、ガンの治療をやっかいなものにしています。抗ガン剤は、ガン細胞だけでなく、正常な細胞にまで悪影響を及ぼし、ガンとの闘いに不可欠な免疫力まで下げてしまいます。ときには、抗ガン剤の副作用が、ガン細胞より早く患者さんの生命を奪うことも少なくないのです。
ガンとの闘いに勝つためには、抗ガン剤でガンを叩く一方で、体の免疫力を活性化する必要があります。このとき、キチン・キトサンがおおいに役立ちます。
キチン・キトサンをとっていると、免疫の最前線で働くマクロファージが活性化して、体内に生じたガンの芽を根こそぎ食い尽くします。また、キチン・キトサンには、ガンを直接殺すNK細胞の活性を四―五倍も高める力があります。
実際に、東北薬科大学の鈴木茂生教授らの実験では、キチン・キトサンの分解物(グルコサミンが六個つながったもの)の投与で、ネズミの移植ガンの増殖が完全に阻止されることが示されています。 また、キチン・キトサンには、ガンの転移を防ぐ効果も報告されています。ガンが転移するさい、ある種の接着分子を利用して体内を移動しますが、キチンには、その接着分子をブロックして、ガンの転移を阻止する作用があるのです。

キチン・キトサンの多彩な効果
このほか、キチン・キトサンには、次のような働きも示唆されています。

・抗ガン剤の副作用をやわらげ、薬剤効果を高める
・腸の中の悪玉菌を減らして、腸内で発ガン物質が作られるのを防ぐ
・ガンになりやすい酸性体質を改善する
・ガン患者の体力を衰えさせる毒素(トキソホルモンL)の毒性を抑える

これらの効果を合わせもつキチン・キトサンを従来の治療に併用すれば、ガンとの闘いが俄然有利になります。実際に私のクリニックでは、キチン・キトサンでガンを克服する例が続出しています。



その他の各種サプリメント関連書籍