疲労と便秘の解消に黒酢+オリゴ糖

二つのパワーで胃腸快調、食欲増進、元気100倍

中山 貞男 著 1999.06.14 発行
ISBN 4-89295-398-9 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


TCA回路に働き疲労物質を抑制

疲労と便秘の解消に黒酢+オリゴ糖

エネルギーの不完全燃焼を防ぐ
もうひとつ黒酢に含まれる成分で特筆しておかなければならないのはズバリ、酸っぱさのもと、酸です。
酸の中身である有機酸は、からだのエネルギーを作るのにとても役に立っています。
からだのエネルギー生産が行なわれる回路のことをTCA回路といいますが、この回路がうまく働いているのが健康な体です。しかし、不規則な生活や偏った食事をしていると、この回路を十分に機能させることができません。
酸素を使ったエネルギー生産工場であるTCA回路がうまく働かないと、酸素を使わない乳酸回路が働きだし、疲労物質である乳酸を作り出します。
しかし、この乳酸回路は酸素を供給してやると逆にまわり、乳酸は減っていきます。
乳酸は、飲む場合は殺菌や消化吸収を助ける働きをしますが、筋肉にたまると疲労の原因になります。
たまった乳酸は筋肉を硬化させ、筋肉のこわばりや肩こり、だるさなどの体力的な疲労や、脳の延髄を刺激してイライラと怒りっぽい状態をひきおこします。
黒酢には、からだのあちこちに酸素を運ぶ赤血球の変形能を高め、細い血管でも赤血球が流れやすくする働きがあることを、九州大学健康科学センター助教授の藤野武彦先生が明らかにしています。
黒酢を飲むと、血液の循環がよくなり、体中に酸素を供給するため、疲労物質の乳酸が分解されるのです。
不完全燃焼を起さないよう、TCA回路をスムーズに回転させるために必要なのが有機酸の中でも酢酸、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸といったものです。
酢が疲労回復によい、と言われるのはこれらの酸が含まれているからであり、黒酢にはこれらがすべて含まれているのです。

ビタミンB群も豊富
また、黒酢にはビタミンB群も含まれています。
ビタミンB群は、アミノ酸や有機酸とともに、様々なからだの働きに関わっている大切な栄養素です。不足した場合の代表的な病気は脚気ですが、今日の豊かな食料事情では脚気になることもほとんどなくなりました。しかし豊かな反面、偏った食生活をする人が多いのも現代の食生活の特徴です。脚気にはならないが「脚気予備軍」と言える人は多くなっています。
疲れやすい人などはビタミンB群が不足していると考えられます。例えばビタミンB1 は糖質を分解するのに必要な栄養素で、TCA回路を円滑に動かし、乳酸の蓄積を抑えます。ビタミンB2 はエネルギーをつくり出す「脱水素反応」を助ける酵素の役割を果たしています。


※表省略


その他の各種サプリメント関連書籍