疲労と便秘の解消に黒酢+オリゴ糖

二つのパワーで胃腸快調、食欲増進、元気100倍

中山 貞男 著 1999.06.14 発行
ISBN 4-89295-398-9 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


腸内は善玉菌と悪玉菌の住処

疲労と便秘の解消に黒酢+オリゴ糖

腸内細菌は想像を絶する多さ
血液の流れを良くする「黒酢」の働きは十分おわかりいただけたと思います。
この章では、人の口から入って便となって排泄される食べ物の流れを見てみましょう。この流れで非常に重要な役割を果たしているのが、私たちのからだに住む細菌です。
私たちのからだの中にはいろいろな細菌が住んでいます。特に大腸にはその種類、数ともに想像を絶する多さで、内容物1グラムあたり100億〜1兆個という無数の細菌がいます。
これら小腸や大腸に住みついている細菌を腸内細菌と呼び、その一群は腸内細菌叢(腸内フローラ)と呼ばれています。
これだけ多くの細菌がいるので、中にはからだに良い働きをしてくれる「善玉菌」、悪い働きをする「悪玉菌」、そして普段はおとなしくしていても場合によっては悪い働きをする「日和見菌」もあります。
これらの働き如何によって、わたしたちの健康が左右されてしまうのです。

年齢によって住む細菌が変化する
生まれたばかりの赤ちゃんが初めてする「胎便」には通常、菌がいませんが、数日経つと、代表的な善玉菌のビフィズス菌が腸内菌の100%を占めるようになります。
離乳食などを食べ始めると、腸内細菌の種類も増えはじめ、大人の腸内に似てきます。
成人のビフィズス菌は 10〜20%ほどに減少します。そして壮年期を過ぎ、老年期になってくるとビフィズス菌はさらに減少し、逆に有害菌ばかりが増加していきます。
つまり、からだの老化が腸内細菌のバランスを変えていくのだと言えるわけです。人によってはこの腸内細菌のバランスの変化次第で老化や免疫力、生理機能にかかわってくるのです。

※表省略


その他の各種サプリメント関連書籍