免疫細胞を活性化するベータ・グルカン

多糖類が免疫システムを強化して病原菌の侵入に勝つ

小松 靖弘 著 2005.09.19 発行
ISBN 4-89295-606-6 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


期待される免疫賦活作用

免疫細胞を活性化するベータ・グルカン

健康を維持するうえで、最も大切な機能のひとつに、体の免疫システムがあります。

私たちの身のまわりには、さまざまな有害物質が存在しています。たとえば病原菌やウイルスなどは、その代表といえるでしょう。免疫システムは、こうした外部からの異物の侵入に対して攻撃し、排除するだけでなく、体内でつくられた異物、たとえばガン細胞などに対しても、すみやかに反応して破壊し、増殖を食い止めようとします。  ただし、こうした免疫システムも加齢とともに徐々に衰え、低下していきます。一説によると、20歳を過ぎた頃から、こうした現象は進行するともいわれています。免疫力低下の原因は、身体的・精神的ストレス、大気汚染などによる環境の悪化、不規則な生活、喫煙、暴飲暴食……などによってももたらされることがわかっています。

私たちはときどき風邪をひいたりしますが、これも免疫力の低下と関係しています。体の抵抗力が弱まっているために、跳ね返すことができなくなってしまうのです。そして、さらにはガンをはじめとするさまざまな生活習慣病の発症とも、大きく関わっているのです。

体に本来備わっている免疫システムをできるだけ正常に維持していくには、まずは生活の改善に目を向けることが必要ですが、それと同時に、外部から免疫力を高める食品を積極的に摂るようにすることも、そのひとつの方法として忘れてはなりません。
「ベータ・グルカン」は、免疫賦活作用という点で、現在もっとも注目され期待されている物質です。ベータ・グルカンとは、糖としての性質を持っている化合物のなかで最小単位のもの(単糖)がいくつも結合した多糖類のことで、キノコや酵母類などから抽出されます。

ベータ・グルカンが発見されたのはすでに半世紀も前のことで、その間に国内外を問わず、いろいろな角度から研究・開発が進められてきました。そうした研究の成果をもとにまとめた本書によって、ベータ・グルカンへの理解がより深まれば幸いです。


その他の各種サプリメント関連書籍