新機能性食物繊維α−シクロデキストリン

メタボ、コレステロール、アレルギーの改善に

寺尾 啓二 著 2008.12.22 発行
ISBN 978-4-89295-630-0 C2177  文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)


中性脂肪やコレステロールを減らす

新機能性食物繊維α−シクロデキストリン

高脂血症の改善
ヒトの体に欠かせない中性脂肪やコレステロールも、多すぎると肥満や高脂血症(血中の中性脂肪値やコレステロール値が異常に高い状態)を招きます。
α―CDは、過剰な中性脂肪やコレステロールの吸収をブロックし、体外に排出するので、中性脂肪値やコレステロール値の低下が期待できます。
また、胆汁酸は肝臓でコレステロールからつくられるため、胆汁酸の吸収がブロックされ、体外への排出が促進されると、胆汁酸を補うために原料のコレステロールが使われるようになり、その分コレステロール値が下がることになります。
コレステロール減少効果を検証した臨床試験の一つに、次のようなものがあります。
年齢三〇歳以上で、BMIが三〇以上の肥満体型の高脂血症患者二二人を、無作為にα―CDグループとプラセボ(偽薬=にせの薬のことだが、被験者は本物の薬と思っている)グループに分け、α―CDグループには、食事ごとにα―CDを二gずつ三か月間、摂取してもらいました。
これら二つのグループでの血中コレステロール値の変化を比較したのが、上段の表です。
プラセボグループでは、血中コレステロール値が増加傾向にあることが確認できます。
それに対して、α―CDグループでは、血中コレステロール値の減少を見て取ることができます。

※表省略

その他の各種サプリメント関連書籍